豊富な湯量、あふれる掛け流しの湯

渋温泉は開湯1300年を誇る歴史ある温泉場。
開湯は諸国をめぐり、架橋・築堤など社会事業を行っていた
行基菩薩と言われています。戦国時代には武田信玄の数ある
隠し湯の一つとされ、川中島の戦いの際には多くの傷ついた
兵士を癒やしました。
そんな歴史ある渋温泉には約40弱の源泉があり、9つの外湯、
自家源泉ではない宿へ配湯されています。当宿も例外では
なく3箇所の源泉から引いたお湯をそのまま浴槽へ絶えず
流しております。渋温泉の源泉温度は源泉により様々ですが
約60度~90度と非常に高く、そのままでは入浴が困難なほど。
当宿も配湯されているとは言え、湯口から注がれるお湯の
温度は高く、お客様の入りやすい温度へ各自水で埋めて
調整していただいております。
造りは檜風呂。湯口には温泉成分が固まり、白くなって
います。こぢんまりとした浴室ですが湯治場の雰囲気を
醸し出している風情ある浴室です。

豊富な湯量、あふれる掛け流しの湯

浴槽まで源泉100%ではありませんが、湯口から出る
温泉は間違い無く100%掛け流しのお湯です。
古くから湯治場として栄えてきた渋温泉の湯は、筋肉痛や
関節痛、冷え性や切り傷、疲労回復などに効能があると
されています。
渋温泉からは周辺スキー場も近く、筋肉疲労などを癒しに
ゆっくりと来られる方もおられます。また当宿には古く
からの常連様で湯湯治にこられる方もおられます。
滞在中は24時間好きなときにご入浴いただけます
(お昼12:00~13:00は清掃となります)。
湯温が熱いので長湯はお薦めできませんが、適度な入浴を
数度繰り返すのがお薦めの入浴方法です。
また、当宿目の前に『六番湯目洗の湯』がございます。
宿泊のお客様は九湯めぐりが出来ますのでお気軽に
おでかけ下さい。
どうぞ心ゆくまで存分に渋温泉のお湯をご堪能下さい。


九湯めぐり

温泉の成分・禁忌症・適応症

成分
源泉名渋温泉総合源泉
(比良の湯、薬師の湯、とんびの湯の混合泉)
泉質ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉
(弱酸性 低張性 高温泉)
泉温源泉    57.7℃
使用位置  42℃
温泉の成分別表「温泉分析書」のとおり
禁忌症・適応症及び浴用上の注意
禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍
重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)
適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、
疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、
慢性婦人病、動脈硬化症

禁忌症・適応症及び浴用上の注意

温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日当り1回程度とすること。
その後は1日当り2回ないし3回までとすること。
温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間を適当とすること。
温泉療養開始後おおむね3日ないし1週間前後に湯あたり(湯さわり又は浴場反応)が
現れることがある。「湯あたり」の間は、入浴回数を減じ、又は入浴を中止し、
湯あたり症状の回復を待つこと。
以上のほか、入浴には次の諸点について注意すること。
(1)入浴時間は、入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるに
したがって延長してもよい。
(2)入浴中は、運動浴の場合は別として一般には安静を守る。
(3)入浴後は、身体に付着した温泉の成分を水で洗い流さない(湯ただれを起こしやすい
人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい)
(4)入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守る。
(5)次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
イ 高度の動脈硬化症
ロ 高血圧症
ハ 心臓病
(6)熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意をする。
(7)食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
(8)飲酒しての入浴は特に注意する。
浴室 男女別内湯各1ヶ所
入浴時間 14:00~翌11:00迄(滞在中は11:00~14:00まで湯抜き及び清掃時間)
浴室アメニティ シャンプー、リンス、ボディソープ、固形石鹸

先頭へ戻る